木村法律事務所は、テキサス州弁護士・木村原が2011年に開設しました。創立以来、B, E, F, J, H, L, M, O, P, R, TN, EB1, EB2 (PERM, Advanced Degree Professional, NIW), & EB3 (Professional, Skilled, & Unskilled Worker), 家族を通じての永住権の申請、 在外アメリカ大使館・領事館での各種非移民ビザおよびビザスタンプ申請手続きの代行準備を行っています。これまでの経験を活かし、様々な分野での日系企業 の法務支援にも力を入れています。

初回法律相談は無料で行わせて頂いております。お気軽に連絡下さい。法律のプロである弁護士が事情をお伺いし、法的な知識や経験に基づいてアドバイスをおこなわせていただくものです。相談内容は守秘義務 によって固く守られていますので、他に漏れる心配はありません。悩み事があったり、トラブルに見舞われて困っている時は、問題を整理するためにも、まずは ご相談になってみて下さい。場合いによっては簡単に解決する事かもしれません。その相談内容によって、弁護士が必要かどうかを含む、今後の方針をご提案します。

US Front Line Newsでの紹介記事

テキサス州弁護士協会でのプロフィール

  • g-kimura

H-1B:転職の転職


H-1B転職シリーズです。H-1Bの転職申請中の転職についての説明です。ここに書かれている内容は、毎年4月に申請するH-1Bの新規申請には適用されません、お気をつけください。


転職のルール1: H-1B転職申請が移民局へ受理された時点で、転職先で働き始める事が出来る。


転職のルール2: H-1B転職申請が移民局に受理され、既に転職先に働き始めている。転職申請が不合格になった場合、不合格が出た日より、違法滞在となる。


転職のルール3: 会社AにH-1Bでお勤め中。会社Bよりオファーを貰う。会社BのH-1B転職申請の受理後、会社Bで働き始める。会社Bの申請した転職申請が審査中、会社Cより会社Bより良いオファーを貰う。会社CのH-1B転職申請がUSCISに受理後、会社Cで働き始める。この時点で、2つの転職申請が審査中。会社CのH-1Bが合格するには、会社BのH-1Bの合格が出なくては行けない。


転職のルール3の例:

例)山田さんは会社Aに$85,000でお勤め中。会社AのH-1Bは後2年有効。会社Bから年収$105,000のオファーを貰う。会社BのH-1B転職申請がUSCISに受理された後、会社Bで働き始める。2ヶ月後、会社Cから$160,000のオファーを貰う。会社CのH-1B転職申請がUSCIS受理された後、会社Cで働き始める。


この時点で会社BとCのH-1B申請が審査中ですが山田さんは合法的に会社Cで働く事が出来ます。会社Cの合格が出る為には、先ず、会社BのH-1Bの合格が出なくて行けません。会社BのH-1Bが不合格になった場合、会社CのH-1Bは自動的に不合格となります。


上記の例では、山田さんは会社Cで既にお勤めしています。会社Bが移民局より追加書類提出のリクエストを受け取った場合、会社Bは移民局へ書類を提出するメリットがありません。寄って、会社Bが移民局へ書類を提出しないため、H-1B転職申請は不合格となり、ルール3が適用され、会社CのH-1B転職申請も不合格となります。


H-1Bの転職申請には色々なリスクが伴います。事前に弁護士に相談することをお勧めします。


カテゴリー:H-1B | L-1A | 永住 | グリーンカード | 日本語 | 弁護士 | テキサス | アメリカ | ヒューストン

14 views0 comments

Recent Posts

See All

FY2023年のH1B抽選に通過し、申請書類をUSCIS Vermont Service Center (VSC)に申請したが、5/26/2022年時点で、受理通知を受け取っていない申請者がいる様です。現在OPTで、Cap Gap申請が必要な申請者にとっては重大な問題です。受理通知の未受理には下記の可能性があります。 1: 配送・配達トラブルが無いかの確認: 配送・配達でトラブルがあり、申請書がV

カナダとメキシコ国籍保有者が申請可能な就労ビザで、最長3年の就労が認められます。米国政府が決めたTNビザの専門職リストにある職種に該当する必要があり、それ以外の職種でのTNビザの申請は出来ません。ビザの発給対象となる専門職には次の様な職種(例)があります:Accountant, Engineer, Economist, Computer System Analyst, Management Con

FY2023年の抽選通過率のデータが発表されました。U.S. Master Capも含め48,000社から483,927通の抽選登録を受理、内127,600人が抽選に通過。大体31%ですね。 FY2022年の抽選通過率が42%だったので、今年はかなり厳しい結果となりました。去年は7月に2回目の抽選(27,717人通過)、11月に3回目の抽選 (16,753人通過)が行われているので、今年も追加抽選