木村法律事務所は、テキサス州弁護士・木村原が2011年に開設しました。創立以来、B, E, F, J, H, L, M, O, P, R, TN, EB1, EB2 (PERM, Advanced Degree Professional, NIW), & EB3 (Professional, Skilled, & Unskilled Worker), 家族を通じての永住権の申請、 在外アメリカ大使館・領事館での各種非移民ビザおよびビザスタンプ申請手続きの代行準備を行っています。これまでの経験を活かし、様々な分野での日系企業 の法務支援にも力を入れています。

初回法律相談は無料で行わせて頂いております。お気軽に連絡下さい。法律のプロである弁護士が事情をお伺いし、法的な知識や経験に基づいてアドバイスをおこなわせていただくものです。相談内容は守秘義務 によって固く守られていますので、他に漏れる心配はありません。悩み事があったり、トラブルに見舞われて困っている時は、問題を整理するためにも、まずは ご相談になってみて下さい。場合いによっては簡単に解決する事かもしれません。その相談内容によって、弁護士が必要かどうかを含む、今後の方針をご提案します。

US Front Line Newsでの紹介記事

テキサス州弁護士協会でのプロフィール

  • g-kimura

H-1B:大学院卒が有利になりそうです。

Updated: Dec 30, 2018


このブログでも、何度か書きましたが、トランプ政権がH-1Bの抽選方法の変更に向けて準備をしています。


今までのH-1Bの抽選の仕組み:

現法では65000と20000の枠が用意されています。正確に言うとシンガポールやチリなどに特別枠がある為、実際の数はこれより少ないです。このポストでは説明の簡素化のためそこらへんは割愛します。


20000の枠はアメリカの大学(オンラインのFor Porfit Collegesは当てはまりません)で修士またはそれ以上の学位を取得した申請者。65000の枠は4大卒者に割り当てられます。現在の抽選方法では、先ず、アメリカの大学で修士以上を取得した申請者を20000の枠でふるいにかけます。20000の枠から漏れた申請者は、65000の枠に入れられ、4大卒者と一緒に再度ふるいにかけられます。要するに、修士以上を取得した申請者に抽選のチャンスが2回与えられる仕組みになっています。


新しいH-1Bの抽選の仕組み:

新しい抽選方法では、ふるいの掛け方が、逆になるため、アメリカの大学で修士以上を取得した申請者の抽選合格率が飛躍的に上がるだろうと言われています。


新しい抽選方法では、4大卒者と修士以上を取得した申請者を65000の枠に入れ、一度ふるいにかけます。次に、65000の枠から漏れた、修士以上を取得した申請者を20000の枠のふるいにかけます。現在の抽選方法と同じく、修士以上を取得した申請者に抽選のチャンスが2回与えられる仕組みになっていますが、この方法だと抽選合格率が飛躍的に上がるとの事です。


トランプ政権は、H-1Bの抽選方法の変更する事によって、インド系のIT会社のH-1B申請をより困難にしようとしています。そのしわ寄せが、4大卒者へくる形となってしまいました。


カテゴリー:H-1B | L-1A | 永住 | グリーンカード | 日本語 | 弁護士 | テキサス | アメリカ | ヒューストン



2 views0 comments

Recent Posts

See All

FY2023年のH1B抽選に通過し、申請書類をUSCIS Vermont Service Center (VSC)に申請したが、5/26/2022年時点で、受理通知を受け取っていない申請者がいる様です。現在OPTで、Cap Gap申請が必要な申請者にとっては重大な問題です。受理通知の未受理には下記の可能性があります。 1: 配送・配達トラブルが無いかの確認: 配送・配達でトラブルがあり、申請書がV

カナダとメキシコ国籍保有者が申請可能な就労ビザで、最長3年の就労が認められます。米国政府が決めたTNビザの専門職リストにある職種に該当する必要があり、それ以外の職種でのTNビザの申請は出来ません。ビザの発給対象となる専門職には次の様な職種(例)があります:Accountant, Engineer, Economist, Computer System Analyst, Management Con

FY2023年の抽選通過率のデータが発表されました。U.S. Master Capも含め48,000社から483,927通の抽選登録を受理、内127,600人が抽選に通過。大体31%ですね。 FY2022年の抽選通過率が42%だったので、今年はかなり厳しい結果となりました。去年は7月に2回目の抽選(27,717人通過)、11月に3回目の抽選 (16,753人通過)が行われているので、今年も追加抽選